香川照之 意外!?東大出身の有名人

映画、ドラマに引っ張りだこの香川照之氏



東京大学文学部社会心理学科卒業

香川照之と言えば、最近では『半沢直樹』で大和田常務役で出演していた。

土下座をするシーンの演技力は圧巻。さらに、その豊かな表情ゆえにコラ画像で頻繁に使われるようにもなった。

また、NHKの大河ドラマ『龍馬伝』では岩崎弥太郎役で出演。この時の貧乏人から三菱財閥の総帥に成り上がるまで、見事に演じきっている。

そんな香川氏の生い立ちを見ると、父親が歌舞伎役者であり、自身も九代目市川中車を名乗っている。

母親は元タカラジェンヌで、祖母も女優という言わばサラブレッド俳優なのである。

これは、熱心なファン以外はあまり知らないのではないだろうか。

香川氏の真骨頂は、「主役食い」とまで言われるほどの名脇役ぶりだ。

確かに過去、主演を演じた映画もないわけではないが、それより遥かに脇役での出演が多い。

そして、映画やドラマの最優秀助演男優賞を数多く受賞している。

香川氏は文学部社会心理学科の卒業ということで、人間心理というか人間に対する観察眼というか、そういったものが鋭いように思う。

あまりトーク番組に出演しているのを見たことはないが、おそらく頭の回転は良いだろうし、会話のキレも良さそうだ。

なので香川氏のトークも見てみたい。